健康状態を見るのにお医者さんもチェックするという舌。そんな舌が最近ピリピリしたり、しびれたり、最初の頃はすぐ治るだろうと思っていたけど、そんなことを思ってたら、1ヶ月、2ヶ月、さすがにもしかしたら重い病気かもと思いお医者さんに行ったら原因不明だったりってこともあった方もいるかもしれません。

大事な食事にさえ舌がしびれたりすることのせいでストレスになり、食事をするのもいやになり、毎日不快感に見舞われることもあると思います。ただこれが原因不明であってもそうではないかなどのある程度の原因のようなもはわかっています。それが実は野菜不足に関係していたりするのです。

そもそも舌の病気は色々あるのですが、特に野菜不足が原因ではないかと思われるも『舌痛症』『舌炎』について説明していきたいと思います。

『舌痛症』『舌炎』とは

舌

舌痛症

名前の通り、舌がしびれたり、痛くなったりする症状をともなうものです。見た目に異常が出ないため見た目では判断できず、本人の自覚症状が判断の基準となります。中には口の中の乾燥を訴える人もいるそうです。

舌炎

名前の由来の通り舌に炎症が起きることを言います。舌にはザラザラとする糸状乳頭というものが存在しますが、それが何らかの要因により減少してしまったせいで舌が敏感になり炎症を起こすというものです。見た目としては舌の表面がツルツルしていたり、赤みをおびていたりします。舌痛症とは違い他の人がみて症状がわかるといものです。

『舌痛症』『舌炎』になる要因

舌痛症

閉経後の女性に多いと言われています。舌痛症になる男女比では1:8~1:10で比較的女性の方がなりやすい人が多いそうです。他には心理的なストレスや遺伝的になりやすい、なりにくい人がいるではないかと考えられています。

舌炎

舌を噛んでしまって舌を傷つけてしまったや、熱いお茶などで舌がやけどしてしまたなどの物理的な要因が原因で起こるもの。歯が常に舌にあたる状態になってたり、矯正や歯の治療などで使う金属が当たったことで、その接触部分が炎症を起こすというものがあります。

その他歯の中に治療などで入れた金属の装置でアレルギー症状を起こすことで炎症を起こしたりします。物理的な要因以外でも、疲労やストレスなどが原因で起こることもあります。ハンター舌炎とビタミンB12不足が直接的な要因の炎症もあります。

『舌痛症』『舌炎』と野菜不足の関係性

野菜
これらを起こす要因として野菜に多く含まれるビタミン、ミネラルの不足が考えられています。不足するということは、体に必要な栄養素が十分になく体のバランスを崩したり、機能がうまく働かなることを意味します。それは私たちの代謝や、免疫力、肌の形成や内臓の機能などに関わってきます。

これらのバランスが崩れることにより興奮状態やリラックス状態などを調節する私たちにとって重要な自律神経などが崩れることで、『舌痛症』『舌炎』などの症状を起こすとも言われています。

自立神経だけでなく皮膚が形成されにくい状態では傷つきやすくもなりますし、外からの細菌などにより炎症を起こしやすくもなります。したがって野菜不足などによる食生活の乱れが『舌痛症』『舌炎』などの症状を起こすことに繋がるのです。

その他

体の調整を整えるためには食事のバランスをよくするだけではなく、しっかりとした睡眠時間の確保やリラックス時間を作ることでの体の休息も大事になります。その他口の中を清潔に保つことで細菌がいなくなる状態、入って来なくなる状態を作ることも大事になってきます。

他には運動不足などで血液の流れも悪くなることもあるので、日々の運動不足を感じていたら少し歩く時間を増やして見るといいと思います。舌に症状が出てくるということは体全体的にバランスを崩している可能性が高くなっているのでそれら改善が大事になります。

まとめ

野菜不足だけが原因ではないこともありますが、実際野菜不足などによる食生活のバランスが崩れる要因が多いそうです。食事のバランスを崩すことはこれらに限らず様々な症状も引き起こします。

舌がピリピリすることはとても辛いことですし、それ以上体に悪い症状が起きないためにも日々の野菜不足による食事のバランスや、睡眠不足、ストレスをためすぎていないかなど改めて振り返っていただけたらと思います。この記事が少しでも読んでいただいている方のやくに立つことを望みます。


スポンサーリンク