スポンサーリンク

朝、鏡を見ながらメイクをしようとした時、「なんだかノリが悪い……」そんな時ってありますよね。乾燥しているんだと思ってお手入れをいつもより丁寧にしてみても全然変わらない……、そんな経験、皆さんにはありませんか?

実はその肌荒れの原因、野菜不足かもしれませんよ。野菜不足による肌荒れの場合、いくら化粧水や乳液を使ったとしても根本的な解決にはならないんです。

この現象には年齢は関係なく、若い方でも野菜が不足すれば肌荒れやニキビを引き起こすリスクが高くなります。では、一体どうしたらいいのでしょうか?

答えは簡単で、野菜不足を解消すればいいんです!

何故野菜不足で肌荒れやニキビを起こしてしまうのか?

肌荒れ
野菜を食べることが肌荒れ解消にいいということは先程も説明しましたが、その理由をご存知ですか?

実は、野菜不足による肌荒れというのはビタミン不足や便秘、ストレスが原因なんです。乾燥などが原因の肌荒れならばスキンケアで治るということもありますが、中々治らない肌荒れは野菜不足を疑ってみましょう。

野菜には、沢山のビタミンなどの栄養素や食物繊維が含まれており、これらが足りなくなると便秘やイライラなどの症状が起きたり、そこからストレスが溜まったりするんです。

例えば、有名なビタミンであるビタミンCは皮脂の抑制等の効果があり、ニキビが出来るのを防いでくれます。多くの野菜に含まれている食物繊維はお通じを良くしてくれる効果があるので便秘の解消に最適。その他のビタミンもそれぞれが肌荒れによく効く効果を持っており、まさに野菜を食べることは肌荒れを解消するのにピッタリな方法なんです!

生野菜と熱を加えた野菜、どっちがいいの?

生野菜
野菜を手軽に食べる方法として挙げられるのが、サラダや野菜炒め、そして温野菜です。どれも殆ど調理はいりませんし、沢山の種類を一気に食べられる簡単な方法と言えるでしょう。

では、どちらの食べ方の方がより肌荒れには効果的なのでしょうか?その他にもビタミン等を補える方法を紹介します。

スポンサーリンク

まずは、生野菜。売っているカット野菜を使ったサラダやコンビニで売っているサラダは手間がほとんどかからず買ってすぐに食べられるので時間がない時にはお勧めです。

しかし、時間が経過しているなどの理由でビタミンが失われている場合もあるので要注意。やはり効率的に栄養素を補給するならば、自分で野菜を買ってきてカットするのが一番です。

生野菜は熱を加えるなどの加工がされていないので、ビタミンや酵素がたっぷり摂れるんです。しかし、生野菜は沢山食べるには量が多く感じることと、体を冷やしてしまうというマイナスな面もあるのでそこには注意が必要です。

続いて熱を加えた野菜。例えば温野菜なら、今は百均などにもレンジでチンするだけで温野菜が出来る容器などが売っており、生野菜に負けないくらいお手軽に野菜を食べる方法となっていると言えるでしょう。また、野菜炒めなど油を使う調理をすると吸収しやすくなる栄養素もあります。熱を加えることで野菜はボリュームが減りますから、野菜を生で食べるより沢山食べられるというのがメリットです。

しかし、先程生野菜を紹介した時にも言った通り、熱を加えることで失われてしまうビタミンや酵素も多くなります。

つまり生野菜にも加工した野菜にも、それぞれ良い点と悪い点があるということですね。

効率的に栄養素を摂取するには?

それでは、結局どのように野菜を食べれば肌荒れ解消に一番いいのでしょうか?

答えは簡単で、生野菜と温野菜をバランスよく食べることです。

サラダだけでは量が足りないと思った時は、煮物や野菜炒めをプラスするなどの工夫をすれば、同じ野菜でも違った風味を楽しめますし食べる量を増やすことが出来ます。また、温野菜にすることでビタミンが減ることについては、野菜を茹でた汁をそのままスープにするなどの工夫をすれば効率よく栄養素を摂ることができちゃうんです。

それでもちょっと足りないかな?と思った時に活用して欲しいのが青汁です。

青汁

青汁は、インターネットやドラッグストアでも簡単に入手できるため、手に入れやすく値段もお手頃です。補助として使うのならばこれ以上お手軽な方法はないでしょう。

まとめ

今回は野菜不足による肌荒れの解消法を紹介しました。まとめると、

1.スキンケアなどに力を入れても治らない肌荒れの場合は野菜不足を疑うこと

2.生野菜と加工した野菜を組み合わせてビタミンを効率よく摂取すること

3.青汁はあくまでも補助として使う

これらの三点をおさえることが大切です。

女性なら誰でも気になるお肌のトラブル。大切な自分自身の身体のことですから、気を付けて生活したいものですね。

スポンサーリンク