皆さんは自分が1日にどれだけのお野菜を食べているかご存知ですか?厚生労働省によると成人で1日350g以上を基準にしているそうです。

ですが、実際に350g摂取できている人ってどれくらいいるんでしょうか?

今日は、私が野菜不足の怖さと大切さを思い知った時の事を書きたいと思います。そしておすすめのお野菜の食べ方を教えたいと思います。

社会人になるまでは・・・

社会人
社会人になるまで私は実家暮らしでした。食事は全て母親が作ってくれていました。なので特別野菜好きではありませんでしたが自然と野菜を食べていました。そんな当たり前が社会人になると変わってしまいました。

社会人になってから・・・

大学を卒業し就職してからは実家を離れ一人暮らしを始めました。すると、食事は全て外食やコンビニで済ませてしまい自炊はほとんどすることはありませんでした。しかし、特段困ったこともなく順調に仕事をこなしていました。

ある時・・・

就職して3年目の時、今まで休んだことがなかった会社を体調不良でお休みしてしまいました。その時はただ疲れがたまっていたんだろうという軽い気持ちでいました。1日寝てゆっくりしていれば治るだろうと・・・。

しかし、翌日になっても体調がよくならず体調不良のままお仕事を続けていました。体調が悪いとお仕事にも支障が出始めました。集中力がなく、お仕事でミスをしてしまい上司に注意されたりストレスがたまる日々が続いていました。

そんな日がしばらく続いているうちに私は体調不良に加えうつ病を発症したんです。

体調が悪いうえにうつ病になってしまい私は「どうして体調がずっと悪いんだろう?なんでうつ病になったんだろう?」と自問自答を始めました。

そこで気づいた答えが「野菜不足」でした。実家では当たり前に食事で摂取していた野菜を、社会人になってからは外食やコンビニばかりで摂取できていなかったんです。

野菜不足に気づいてから・・・野菜不足に気づいてからは、なるべく自宅で自炊をして野菜を率先して摂取するようになりました。また食べるお野菜だけでは足りないなぁと思った私は合わせて毎日青汁も飲むようになりました。

そんな生活を数カ月送っていると以前より体調がよくなっていることに気が付きました。そして今は野菜不足の怖さと大切さを身をもって知ることができました。

現在はすこぶる体調もよく元気に日々を送っています。

野菜不足による病・・・

サラダ
野菜不足になると一番怖いのが成人病です。成人病とは生活習慣が発症原因に深く関与しているされている疾患の総称です。よく聞く病名では、糖尿病・高血圧・動脈硬化などでしょうか・・・。

これらは、現代社会における食事の欧米化によるものが関係しているとされています。野菜が少なく、お肉などの摂取が増えると自然と摂取する塩分量が増え高血圧になり、野菜を取らずにファーストフードやパンなどばかりを摂取すると脂質と共に糖分の摂取量も自然と多くなります。

またお野菜から摂取している食物繊維を摂らない事で血液がドロドロとなり動脈硬化につながり最悪の場合心筋梗塞・脳梗塞・狭心症など死につながる病気になってしまいます。

自分がどれくらいのお野菜を食べているか食事ノートを書いてみましょう!!

ノート
まずは自分がどれくらいお野菜をちゃんと食べれているかを知りましょう!1日350g以上のお野菜を自炊を毎日して摂取するのはとても大変な事です。おすすめは、今の食事の状態を食事ノートとして日記のように書いてみてください。

まずは1週間位を目途に素直に書いていきましょう。例えば、今日は朝寝坊をして朝ごはんを抜いてしまった。素直に書きましょう!お仕事が押してお昼ご飯の時間が少ししかとれなくて、菓子パンとジュースだけの昼食だった。これも素直に書きましょう!

夜ごはん、同僚と飲み会に行き揚げ物や味の濃いお料理と一緒にお酒を飲んだ。これも素直に・・・。

こうやって毎日日記のように食事ノートを書いていると自分が1週間で、何をどれだけ食べたのかわかるようになります。

私のある1日はこうでした。

朝:体調すぐれず朝寝坊し朝ごはん抜き

昼:同僚とおすすめランチの点数が高かったイタリアンへランチパスタへ。こってりパスタとパンとスイーツのランチセットを食べた

間食:外出先でコンビニにより小腹がすいたのでチョコレートと缶ジュースを買って食べた

夜:残業で自宅に帰ったのは終電間際・・・。帰り道コンビニでコンビニ弁当を買い電子レンジでチンして食べた

これを1週間続けました。するとお野菜を食べているのは1週間のうち片手で数えれるほどしかなかったことに気づいたのです。

それからも食事ノートは続けました。すると、野菜不足が頭の片隅にずっとあり、外食するときもコンビニでお弁当を買うときも意識してお野菜を摂るようになっていたのです。外食では、サラダ付きランチや野菜メインのランチに、単品メニューではなく小鉢などがついている定食に変えました。また手作り弁当を持参したりもしました。

夜の飲み会の時も、最初にサラダを注文しそれから他のモノを注文し、揚げ物でもお野菜の揚げたものやお野菜が入ったお料理をあえて注文し食べるようになっていました。

コンビニ弁当を買うときにはお弁当とは別に小さいサラダや煮物などを別に購入し一緒に食べるようにしました。

間食も今まではお菓子(クッキーやスナック菓子)でしたが、食事ノートを書くようになってから自然と缶ジュースや炭酸飲料を野菜ジュースやスムージーに変えスナック菓子も野菜チップスなどに意識して変えていきました。

そういう事を続けている間に自分がどれだけお野菜を食べているのかがわかってきました。そして、少しずつ体調がよくなってきたところで自炊をするようになり、実家と同じくお野菜を自然と食べる環境にしていったのです。

ただやっぱりお仕事をしているとお付き合いもありますし、残業もありますから毎日毎日3食自炊するのは難しいのが本当の所。

そこで私が実践していたのは、こんな方法です。

サラダ
1.朝寝坊したときはコンビニで野菜・果物のスムージーを購入し飲む。プラスおにぎりを1個食べる。もしくは野菜たっぷりのサンドイッチを食べる。

2.昼のランチは、単品メニューのお店ではなくお野菜の入ったコースランチを頼む。コンビニ弁当の時はプラスして小さい野菜サラダを一緒に購入する。

3.夜ごはん一から作る体力がないときの為に休日に野菜などの下ごしらえをまとめてしておき、炒めるだけ、煮るだけで済むようにしておく。いくつか常備菜を作り置きしておき食べる。

市販のお味噌に切って置いたお野菜を入れ具だくさんのお味噌汁に変えて食べる!(ここポイント飲むではなく食べるお味噌汁です)または切っておいた野菜を入れて具だくさんスープを食べる。

お休みの日は、スーパーに行きお野菜等を購入し平日に備えて常備菜を作り、野菜などの下準備をして保存容器などに入れておく。散歩がてらに安いスーパーをいくつかはしごして買い物する。

こういった事をできる範囲から始め今ではほぼ自炊しています。まぁたまには友人や同僚と羽を伸ばしてしまうこともありますが普段食事に気を付けお野菜やお肉など食事バランスに気を付けているのでたまの羽伸ばしは全く身体には影響はありませんし二日酔いもありません。

まとめ

最初から全部やろうと思うとしんどくなって続かなくなってしまうのでまずはできることからやってみましょう!

1日だけしても1週間だけしても意味がありません。ほそーくながーく続けることが大事なんです。


スポンサーリンク