スポンサーリンク

一人暮らしって、大変ですよね。

実家に居た時とは違い、アレをしなさいコレをしなさいと言われることもなくなり、これは楽だなと思ったのは最初だけ。実際はなんでも自分でやらなくてはいけないという大変さです。実家暮らしの時はよかったな~、なんて思った人も少なくはないのではないでしょうか。

そんな面倒なことが多い一人暮らしの中でも、多くの人がサボり気味なのが規則正しい食生活です。自分は三食カップ麺でも大丈夫、と思っている人いますよね?私もどちらかといえばそんなタイプ。しかし、ある時私は大変なことになってしまったんです。

なんと、野菜不足から体調を崩し、しかもそれが何日も何日も続いたのです。

考えても見てください。自分は大丈夫と思っている人程原因が野菜不足にあるとは気づかず、具合が悪くてもただ寝ているだけで済ませ、それがさらに体調の悪化を招くんです。怖いですよね。

自炊しないと摂れない?一日に必要な野菜の量

野菜
ところで皆さんは一日に必要な野菜の量はご存知ですか?なんと、私たちが一日に摂取すべき野菜の量は約350gと言われています。

その量をぱっと想像できるでしょうか?実は結構これが多いんです。しかも、緑黄色野菜や淡色野菜を組み合わせて食べなければいけないとされているという……。もう既にこの時点で「面倒だな」なんて思っている人もいますよね。

実際、それをすべて毎日自炊するとなるととても大変なんです!私もとてもじゃないですが毎日は無理です。

「やっぱり自炊は必須」ここまでの話を総合するとそうなりますよね。確かにしっかりと調べて献立を作り三食自炊で野菜を取るのは理想です。しかし、一人暮らしでそんなことが出来るのはおそらく少数派でしょう。つい夜更かしをしてしまったり、作業が終わらなかったり……様々な理由で生活リズムが乱れると、それと同時に食生活もままならなくなりがちになるもの。

では、一体どうしたらいいのでしょうか。

これで簡単!自炊の時短&自炊なしでの野菜摂取法

では、早速具体的な方法を紹介していきましょう。

まず、「自炊はちょっとなら出来るけど、三食はちょっと」という方!そんな人にお勧めなのは、野菜をまとめて切って冷凍しておくという技です。土日などの空き時間でもいいので、とにかく野菜をまとめてカットしてジップロップなどに入れて冷凍しておきましょう。野菜は冷凍しておけばしばらくは持つので、小分けにしておけば一人分の自炊の手間がグッと楽ちんになりますよ。

スポンサーリンク

冷凍でパサパサになったりしても炒めたりスープにしてしまえばあまり気になりません。

私はまとめて全部トマト缶と一緒に煮込んで野菜たっぷりのトマトスープを作っています。

トマトスープ

これなら煮込んで味をつけるだけのズボラレシピです♪それに作り置きも出来るので、野菜不足を補うのにぴったりですよ。

その他にも、余った野菜を全部一緒に野菜炒めにするなどの方法もおすすめです。時間をかけて凝ったものを作らなくても野菜はとれちゃうんです。

でも、そんな手間も面倒臭かったり料理が出来ない人も勿論いるでしょう。そんな人にお勧めなのが、サプリメントや青汁を食事と一緒にとる方法です。

自炊をしない人の中には、「外食でも野菜を食べれば大丈夫でしょ?」という人もいると思います。しかし、野菜の栄養は加工されることで減るものもあるのでそれだけで十分だとは実は言えないんです!

それを補うために摂取すると効果的なのが、先程も上げたサプリメントや青汁です。

サプリメント

オススメなのはマルチビタミンなどのビタミンBやCが入ったもの。これらの栄養素は熱で失われやすいので、それらを選んでサプリを飲むのがおすすめ。あれやこれやと試すのも面倒ですし、お金もかかりますもんね。

青汁も今は飲みやすい味や、食物繊維と栄養素がたっぷりとれるものが増えています。スーパーやネットショッピングで色々な種類の青汁を見る機会があれば成分表などを見て比べてみるのがいいですよ。

自炊なしでも、様々な方法を組み合わせて使うというポイントさえおさえれば野菜不足は補えちゃうんです!

まとめ

今回の記事の内容をまとめると、

1.なるべくなら自炊をして野菜をたっぷり摂る(野菜は冷凍するなどして時短や手間を省くと楽)

2.外食で野菜を食べるだけではなく、サプリメントや青汁などで足りない栄養素を補う

3.これらのことを意識する

この三点に気を付ければ一人暮らしでも野菜摂取量はグッと上がっていくと思います。

「自炊なんてできないし……」「野菜って面倒だし……」と思っている方はこれらの方法を是非試してくださいね。野菜を使った簡単なメニューなどをインターネットで調べるのもアリですよ!

皆さんも気楽に色々試してみませんか?

スポンサーリンク